FC2ブログ

「紀州梅道中」

こんにちは、K・Mプラムセレクトです。

5月13日、田辺市にある藤巌神社で「紀州梅道中」藤巌神社梅干奉納が行われました。
藤巌神社(とうがん神社)は世界遺産に登録された闘鶏神社(とうけいじんじゃ)の境内社で、田辺藩初代領主安藤直次公を祀っています。
 今では日本一の梅どころとなった田辺・みなべですが、この安藤直次公が梅栽培を奨励し梅栽培が盛んに行われるようになりました。
 今年で、安藤直次公が入城し400年、そして闘鶏神社建立1600年の記念の年となっています。

紀州梅道中

 当日は、梅干を載せたみこしや、献梅使が使った馬、女官衣装や裃、紋付袴などの色鮮やかな平安衣装を身にまとって時代行列を行いました。
丸惣からも会社の代表が神職衣装をまとい参加してきました。
400年続く梅の食文化も次の100年に受け継がれるよう大切に残していきたいと思います。

梅干約30種 梅製品・お漬物・梅デザートなど K・Mプラムセレクト
スポンサーサイト